NLP心理学

nlp

NLPとはNeuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)の頭文字からとった心理学です。

NLPは、1970年初頭、2人の人物により開発されました。

ひとりは、数学者のリチャード・バンドラー。
もうひとりは、語学の助教授だったジョン・グリンダーです。

このふたりが、心理セラピーの分野などで使われている数々の手法を、体系化していき、だれでも学べるようにしたものがNLPです。

NLPの資格について

NLPを勉強していくと、NLPの資格を取得できるようになっています。

資格は下記の3つが用意されています。

・NLPプラクティショナー

・NLPマスター プラクティショナー

・NLPトレーナー

最終段階のNLPトレーナーまで勉強して資格を取ると、NLPプラクティショナーの認定コースを自分自身で開くことができるようになります。

そのため、NLPを勉強する目的として、資格を取りビジネスにしていきたいと考える方もいます。

NLPの講座は多くあり、全国各地でNLPの講座を受講できます。

あなたが受講を考えているときは、NLPを教えている人の人柄や経歴などもチェックすることをおすすめします。

NLP心理学は、長い期間かけて勉強するものですので、講師との相性も見極めて、信頼できるのか判断するようにしてください。

NLP心理学の効果について

NLPを学ぶことで、4つの分野で、その知識とスキルを活用できると言われています。

1)他者とのコミュニケーション

2)自分とのコミュニケーション

3)トラウマやコンプレックスの解消

4)セルフイメージの向上

つまり、いろいろと応用がきくといっていいと思います。

NLPは、天才心理セラピスト達を調査して生まれた学問です。

心の傷を癒すだけでなく、他者も自分も、ポジティブな状態になって目標を達成できるスキルが学べる心理学がNLPです。

詳しくは、日本NLP協会の公式サイトをご覧ください。

NLP 日本NLP協会 公式サイト 入門からトレーナーまで
日本NLP協会 では、日本におけるNLPのクオリティー管理・トレーニングレベルの向上を目的に、NLPの普及活動を行っています。プラクティショナー認定からマスタートレーナーまでの資格取得をサポートしています