コーヒー豆を選ぶとき

コーヒー豆を選ぶ前に。

コーヒーの劣化はロースト(焙煎)した時から始まります。
劣化=酸化でもあり、劣化が進むと変な酸味のあるコーヒーになってしまいます。

購入する際に、いつローストした物か聞いてみるのがおすすめ。
注文してからローストしてくれるお店は間違いありません。
ちょっと聞けない雰囲気であれば、一度購入してみて、コーヒーを淹れてみます。
鮮度の良いコーヒーはよく膨らみます。
膨らみ具合も鮮度の良さの判断基準です。

量はたくさん買いすぎず、1~2週間で使いきれる量がいいです。
それを過ぎると、劣化が進んで味が変わってしまいます。

豆のまま買うのもおすすめです。
ロースト後、劣化が始まりますが、挽いた後も更に劣化が進むので、コーヒーを買う時は、豆のまま買うのが一番。
挽くのは面倒な気もしますが、挽いた時の香りもコーヒーのうまみの1つです。
その香りも味わった方がコーヒーの楽しみ方が増えて、あなたのコーヒーライフをより豊かにしてくれるでしょう。